飯田グループホールディングス

飯田グループホールディングスは、日本の不動産会社を統括する株式会社です。もともとは総合建築請負業を目的として建設工業を発足していたのですが、現在は6社に経営統合し共同持株会社として業容を拡大しています。そんな飯田グループホールディングスの概要や事業内容、強みをここでご紹介していきましょう。

飯田グループホールディングスの概要

飯田グループホールディングスは、2013年11月1に設立しました。本社は東京都新宿区西新宿を所在地とし、一建設・飯田産業・東栄住宅・タクトホーム・アーネスワン・アイディホームの6社が経営統合しています。代表取締社長「西河洋一」氏が企業の運営基盤となり、2017年3月の時点で従業員数は7041名に拡大しています。年間で東京ドーム120個分の面積に建築していることで、新築一戸建て販売戸数は日本一と言われている企業です。

事業内容

飯田グループホールディングスは、「より多くの人々が幸せに暮らせる住環境を創造し、豊かな社会づくりに貢献する」という経営理念を掲げ事業に取り組んでいます。主な事業内容は以下の通りです。

・戸建分譲事業

仕入れた土地に対し自社設計した戸建て住宅を施行し、顧客に販売するための建売住宅を行っています。仕入れ・造成・企画・設計・施行・販売・アフターサービスまでを一貫するシステム内容で、安全かつ良質な住宅を低価格で提供しています。

・マンション分譲事業

関東圏を中心に分譲マンションの供給を行っています。プレシスシリーズ・センチュリーシリーズ・サンクレイドルシリーズとブランド展開も幅広く持っています。

・請負工事事業

高品質かつリーズナブルな規格型注文住宅と、人気の自由設計注文住宅の住宅ブランドを提供しています。豊富な知識と実績を活かした住宅リフォームの提案にも注力しています。

・その他の事業

戸建住宅建築に必要不可欠な住宅資材の供給や資材調達コストの削減を図るために、グループ内で集成材製造やプレカット加工などを行える体制を整えています。この他、保険事業や不動産仲介事業、宅地造成・建物解体事業・リゾート事業を展開しながら活躍しています。

飯田グループホールディングスの強みとは

  • トップクラスの資金力
  • 大量購入によるローコストや部材仕入れ力
  • 企業ネットワークを用いた物件販売力
  • 東証一部上場企業のコンプライアンス
  • 研究開発力と社員教育

飯田グループホールディングスでは、グループ各社の強みや販売ノウハウを共有し、連携を深めながら高品質な住まいづくりを目指しています。飯田グループホールディングスは、日本一の戸建分譲住宅メーカーとして、様々なニーズに対応した住宅づくりに励んでいます。経営基盤をさらに強固し、日本のみならず世界中の顧客から愛される企業集団となるよう、常に新しい革命に挑みながら今後も地域社会と共に歩み続けることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です