野村ホールディングス

野村ホールディングスは、1925年に設立した歴史ある証券業を中心とする投資・金融サービス業やその関連事業を多く営む日本を代表する大手企業です。そんな野村ホールディングスの概要や特徴をご紹介していきましょう。

野村ホールディングスとは

野村ホールディングスは、「今以上の未来」をスローガンとして社会の中で持つべき使命と持ち続ける独自の価値観の実現に向けて取り組んでいます。創業の精神を基本としており、企業理念の実践に力を入れているのです。
1925年に設立されていますが、2001年には持株会社への移行に伴って野村ホールディングスと野村證券とに機能を分離しています。また、創業の精神や倫理規定などを実践するべく、「ミッション・ステートメント」を独自に制定しているのも特徴です。

  • 投資を軸に社会において豊かな創造に貢献していく
  • 変化に対応し、常識を打破しつつ成長へ挑戦する
  • 顧客への揺るぎない信頼の獲得に努める
  • グループとしての総合力を発揮させる
  • 多様性とお互いを認め合う精神

野村ホールディングスのビジネス

野村ホールディングスは、営業部門とアセット・マネジメント部門、ホールセール部門、マーチャント・バンキング部門から構成されています。

営業部門

全国の本支店やコールセンター、インターネットを通じてコンサルティング営業を基本に質の高い商品やサービスを提供する部門です。顧客から信頼され、選ばれ続けられるような努力をしています。

アセット・マネジメント部門

様々な投資ニーズに対応すべく、多くの商品とサービスの提供力を考え、アジアの運用会社として常に運用の向上に努めている部門です。世界中の投資家から注目され、信頼されるよう心がけているのです。

ホールセール部門

ホールセール部門では、金融商品の組成や販売、リサーチなどや資金調達のアレンジなど幅広く提供しています。

マーチャント・バンキング部門

顧客へのソリューションの1つとして、事業再編や事業再生、事業継承、MBO等の案件のビジネスを行う部門です。事業に関わる様々なニーズに対応していけるよう努めています。

 

現在、野村ホールディングスは東京証券取引所・名古屋証券取引所・シンガポール取引所・ニューヨーク証券取引所などに上場しており、証券業の中核とする投資・金融サービス業関連の会社の株式も保有しています。今後もさらに事業活動の幅を広げ、より顧客のニーズに応えられるような金融商品やサービスを提供していくのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です