木下グループホールディングス

木下グループホールディングスは、1987年12月15日に設立した持株会社です。総合生活企業として多角的な事業展開の特徴を持つ木下グループは、事業のリンクによる相乗効果によって年々事業領域が拡大しつつあります。今回は、そんな木下グループの概要や事業内容、強みについてご紹介していきましょう。

木下グループの概要

1956年3月の会社創業をきかっけに、1987年12月に会社設立に挑みました。木下グループはハウスメーカーの木下不動産などを傘下に置き、27社を総括する総合生活企業です。本社は東京都新宿区西新宿を拠点に、取締役会長「杉田勝彦氏」代表取締役社長「木下直哉氏」を筆頭に役員を構成しています。主要子会社となるのは、木下工務店・木下の介護・キノシタマネージメント・キノフィルムズです。

事業内容

木下グループの主な事業内容は、注文住宅や分譲住宅の設計・施行・販売や建設請負をメインに複数の事業を展開しています。

  • 不動産事業
  • 建設事業
  • リフォーム事業
  • 介護事業
  • 教育事業
  • 映画配給事業
  • 職業紹介事業
  • 清掃事業
  • 設備管理事業・給食事業
  • 保育園または学童保育の運営事業
  • 版物制作・企画・販売事業
  • サロン運営事業
  • 発電システム運営事業
  • 外国語超短波放送事業
  • 診療所経営事業
  • 芸能人マネージメント事業
  • スポーツ選手マネージメント事業

木下グループの強みとは

木下グループは、地域や社会により良い環境を提供していくために、森林生体系の保護やリサイクル資源の利用を目指し、環境保全活動に積極的に取り組んでいます。植林活動や青少年研修プログラムなどの活動を通して、安心して暮らせる環境を取り戻したいと考えています。

さらに現在は少子高齢化が加速し世界最大の高齢者人口を抱えている中国に対し、高齢者向け支援の需要が高まっているため、日本式の介護サービスへの関心が寄せられています。中国全土に向けて日本式介護サービスを提供すべく、中国からの要請を受け開発・運営・教育など幅広いコンサルティング事業にも注力しています。

木下グループは、不動産・建設事業のみならず介護事業、美容事業など幅広い事業拡大に挑んでいる企業です。企業を構成している社員一人ひとりがプロフェッショナルとして業務に励むよう団結し、顧客に満足してもらえるような基本姿勢を保っています。今後も木下グループは、人々が安心して暮らせる環境づくりに貢献していくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です