三井のリハウス

不動産仲介業者の先駆者である「三井のリハウス」は、分譲マンションや商業施設なども展開し、テレビCMに流れるほど広告力のある企業です。多数店舗を保有していることでネットワークも強く、ニーズに対し柔軟かつ迅速に品質対応できる企業として注目されています。そんな「三井のリハウス」の会社概要や事業内容などについてご紹介していきます。

会社概要

三井のリハウスは、東京都千代田区霞が関に立地する三井不動産リアルティグループ企業が本社となります。1969年の設立後に、北海道、東北、中国・九州の全国各地に支点を拡大しました。不動産流通業として初のCIを導入し、1981年に「三井のリハウス」としてブランド名が起用されることになります。主にマンションや一戸建て、土地などの仲介事業を中心に、法人に向けた不動産仲介・コンサルティングなども展開中です。31年連続で全国仲介取扱件数1位の座を獲得し、多くの実績と集客力の強化によって商品の販売につなげています。

会社の特徴・事業内容

主な事業内容については、個人向け・法人向けの不動産売買仲介事業、不動産賃貸事業、不動産資産コンサルティング事業、駐車場や駐輪場の管理・運営業務、カーシェアリング業務などを受け持っています。全国に15箇所の拠点と282個の店舗を展開し、不動産分野に対し幅広い解決案や施策を提供しています。

相続の仕組みや対策のサポートが充実

三井のリハウスでは、「相続はその時になって考えるのでは十分な時間が持てない」ということを想定し、事前に仕組みや対策を準備してスムーズな対応ができるようサポートしています。事前対策だけでなく相続後も、円満な相続を実現するために税理士と提携しながら相続税額や税務相談を行っています。納税対策や遺産分割対策、節税対策など相続にまつわる備えを万全にするための対策・管理のサポートも柔軟にこなせる不動産仲介事業です。

三井のリハウスは、全ての顧客に対して信頼できる取引を届けるために360°サポートを用意しています。このサービスは不動産購入・売却・買替・相続・賃貸・空屋・空地など全ての項目に適用できるサポート内容です。不動産に関わるプロとして、最善の提案を生み出し社会をより豊かにしていくことを目指しています。今後も三井のブランドの元で長年培ってきた信頼や実績を確かなものとして、社会や地域、人々の思いに寄り添った付加価値のあるサービスを提供していくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です