エイブル&パートナーズ

日々報道されている人口減少や高齢化に伴い、不動産事業においても客足が減少していく課題は未だ衰えず将来に漠然とした不安が残ります。経営状況の悪化を免れるには、ネット対応やサービスレベルの向上、新たなニーズへの対応などが有力となりますが、不動産一本だけに絞らず複数の事業を展開していく手法を用いる企業も増えてきています。

エイブル&パートナーズもまた、多くの傘下企業と共に多種多様な事業を開始している企業です。ここでは、エイブル&パートナーズの概要や事業内容について詳しくご紹介していきましょう。

エイブル&パートナーズの概要について

株式会社エイブル&パートナーズは、2010年11月に設立した会社です。東京都港区元赤坂に本社を置き、18社のグループ会社や関連会社と共存し合いながら多くの事業を展開しています。資本金は1億円、連結従業員数は2017年10月時点で3,630名にも及び、日本最大級の店舗網を持つ不動産・賃貸仲介の総合企業として精進しています。

【グループ会社】

  • 株式会社エイブル・エイブル引越サービス株式会社
  • エイブルリフォーム株式会社
  • 株式会社エイブル総合研究所
  • エイブルリース株式会社
  • 株式会社AMP
  • 株式会社エイブルコーポレートサービス
  • 株式会社エイブルパーキング
  • ABLEOverseasReinsuranceCompany.Ltd
  • 大建不動產股份有限公司
  • 株式会社CHINTAI
  • 株式会社パーソナルCHINTAI
  • ABLE REAL ESTATE USA.INC
  • CHINTAI UK LIMITED
  • 株式会社エーシーサービス
  • 株式会社エースソリューション
  • ABLE REAL ESTATE AGENCY (HK) LTD.

【関連会社】

  • エイブル保証株式会社
  • 株式会社光藍社
  • セーフティ&セキュリティ株式会社

エイブル&パートナーズ

次に、グループ事業内容について見ていきましょう。

  • 不動産賃貸仲介サービス事業
  • 不動産賃貸仲介関連事業(リフォームや引越しの取次、消毒等)
  • 不動産管理事業
  • 不動産賃貸仲介フランチャイズ事業
  • 引越運送業
  • パーキング事業・調査・研究・コンサルティング事業
  • 人材派遣事業
  • 法人関連業務
  • 賃貸住宅における情報提供や広告事業・それに付随する業務
  • 損害保険代理事業
  • システム開発ネットワーク運用・保守管理・WEB制作
  • 旅行事業・WEBアプリケーションの設計・開発

このようにエイブル&パートナーズは、快適で安心な暮らしを提供するために、様々な事業に取り組んでいます。
この他、社会福祉活動や芸術文化活動、スポーツ支援などCSRに対する取り組みも積極的に行われています。企業価値の最大化を実現するために、これからも暮らしの豊かさを常に追及しながら満足できるサービスを提供し続けていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です